· 

1日の生産量は。。。

こだわりのコーヒーがつくれたら、

次は、一日の生産量を考えていきましょう。

グラムでの1回あたりの焙煎時間、

2回目に投入するまでの窯の冷却時間。

自分の集中力

しっつかりと統計をとってください。

 

無理な計画を続けていくのは困難なことです。

あまりお勧めいたしません。

 

まずは、確実な味のコーヒーの生産量を知ることから。。

 

(2015年7月4日の記事です)